NEWS & TOPICS

11月16日は創立記念日

2019.11.15

明日、11月16日に菊武ビジネス専門学校は、創立71周年を迎えます。

菊武学園は、昭和23年、この地に、菊武タイピスト養成所として始まりました。戦後間もない資源のない日本で、これからの発展は、人づくりが重要と考えられていました。そんな中で、創設者高木武彦先生のお母様、菊子さんの「将来、女子の職業教育に専念せよ」という遺訓により、創設者高木武彦先生は、女性の自立は社会で働くことであると確信し、その最も適した職業として、菊武タイピスト養成所を設立しました。

現在では6つの学校を持つ総合学園ですが、菊武学園の原点は皆さんが学ぶ、この菊武ビジネス専門学校です。 本校は、商業実務の専門学校として、実習を中心とした、商業に関わる技能・技術を身につける、実務教育を中心に、『資格は一生の財産』と意識づけ、即戦力となる社会人の育成に努めてきました。

平成10年に男子を受け入れ、学校体制を確立し、タイプの菊武から、ワープロ、パソコンの菊武として、商業科からビジネス情報科となり新しい時代を迎えました。そして、いよいよ来年度からはプログラミングやアニメーションを学ぶことができるコース制も導入されます。

技能・技術の習得、検定資格の取得など、職業教育と共に、人間性豊かな社会人の育成に努力しています。  時代はアナログからデジタルへと更なる変化をしました。先の見えない時代と言われ、色々なことが、予想外な現象として、私たちの生活に影響を与えています。その中で、私たちは、本来の生き方、考え方の基本を見直す必要があると思います。人として大切にしなければならないこと。

それは、「約束を守る」、「人に迷惑をかけない」、「家族を大切にする」、日常生活での行いが基本です。 技能・技術は、心配りができ、誠実な心を持った人が発揮してこそ、尊敬される時代だと思います。     今後はより一層、『人として大切な教育』、「約束を守る」、「人に迷惑をかけない」、「家族を大切にする」、そういった教育をしていきたいと思っています。

創立記念日とは、学校を創立した月日を祝う特別な日のことです。                    創立記念日を感謝の心を持って、有意義な一日になるよう願っています。